中頓別の誇る老舗「高橋豆腐店」

takahashi-tofuお味噌汁、冷ややっこ、麻婆豆腐などからスイーツまで使い方は自由自在、今も昔も日本の食卓には欠かせないお豆腐。

海外でも「Tofu」と言えば通じる和食を代表する食材のお豆腐ですが、いつの間にか近所のお豆腐屋さんは姿を消し、多くの人が口にする豆腐は、輸入大豆を使って工場で大量生産されたものになってしまいました。誰が作っているのかなど、知る由もありません。

しかし中頓別では、道産大豆を使い、職人がいちから手作業でお豆腐を作る「まちのお豆腐屋さん」が健在なのです。その名は「高橋豆腐店」。

近隣の浜頓別、枝幸、豊富町では、中頓別より人口が多いにも関わらず以前あった豆腐屋さんは姿を消しており、人口2000人を切る中頓別町にお豆腐屋さんがあること自体が奇跡に近いのですが、このお店、なんと驚くべきことに町の開拓当初からある、創業一世紀近い老舗なのです。

20年以上、お味噌汁にここのお豆腐と揚げをいれているという町内の60代のある女性は、「うちはお豆腐とお揚げは高橋さんのしか使わないの。これじゃないとダメ」と言い切ります。

お豆腐は持ってみるとしっかりしていて、ずっしりと重みがあり、食べると豆の甘味、うまみが感じられます。お揚げも独特のしっかりとした噛みごたえがあり、これも本当に美味。大量生産商品とは別物です。

中頓別町内では、町内会などの集まりがあると、近所のお母さん、おばあちゃん達が集まって山菜、野菜、こんにゃく、お揚げなどを煮た「お煮しめ」をよく作りますが、これには必ず高橋豆腐店のお揚げなどが入ります。町の開拓当初からある高橋豆腐店の味が、地域の味としてしっかり根付いているのですね。

まちの人と話をしていると、高橋さんのお豆腐などへの愛着はもちろん、老舗豆腐店が健在であることへの誇りが感じられます。

町内会の集まりでお煮しめを作るお母さんたちと、お煮しめに入る高橋豆腐店のお揚げ、こんにゃく「

お煮しめを作るお母さんたちと、入っている高橋豆腐店のお揚げ、こんにゃく

このお店は、現在店主の高橋恵美子さんで4代目。恵美子さんの旦那様の曾祖母が昭和初期に始めたお店で、代々女性がお豆腐作りを続けてきているそうです。

takahashi-san

大豆を煮る間、豆乳を受ける釜の用意をする、高橋恵美子さん。

昭和初期の頃は、お客さんはどんぶりなどをもってお豆腐を買いに来て、今の2丁分にあたる量のお豆腐を薄皮に包んで渡していたとのこと。

創業当時は町内に4,5軒あったお豆腐屋さんも今ではここだけになりましたが、高橋豆腐店の工房では、ほぼ毎日湯気があがり、お豆腐、お揚げ、こんにゃくなどが手作りされています。最近は、豆腐を型枠で固めない柔らかめの「おぼろ豆腐」なども作っており、人気があるそう。

高橋豆腐店の豆腐作りは、機械はもちろん使いますが、すべての過程で高橋さんの手が入る、昔ながらの手作業。豆の浸水ひとつとっても、季節やその日の気温によって必要な時間が大きく違うのですが、長年の経験、勘で、いつものお豆腐に仕上げていきます。

大豆の浸水具合をチェック。

大豆の浸水具合をチェック。

お客さんに「コンビニでも豆腐は買えるけど、こっちが豆腐の味なんだね」と言われたり、町を離れた人が帰省し、高橋豆腐を食べたら「お母さんの味」がしたという話を聞くと、ここの豆腐が家庭の味になっていることが分かり、嬉しいと語る高橋さん。

お豆腐、お揚げ、こんにゃく作りの職人として日々仕事をこなしつつも、優しい笑顔を絶やさない高橋さんは町民に厚い信頼を置かれる存在で、頼まれた民生委員などのお仕事もこなしています。

また高橋さんは、絵や絵手紙も長年続けらており、お寺などから展示の依頼を受けるほどの腕前。最近は名刺サイズの紙に毎日言葉を寄せた絵を描いているといいます。インタビューさせてもらったお部屋にはこんな手書きのことばが掛けてありました。「磨けば磨くほど光る それは人も技も同じ」。長年やっていても常に技を磨くことを忘れない、そんな姿勢、生き方が伝わってきます。自らには厳しくも笑顔は決して忘れず、まるでお豆腐のようにやさしく柔軟な方なのです。磨けば磨くほど光る

中頓別に来たら、是非、高橋豆腐店のお豆腐、こんにゃく、おからなどを買って、まるで作り手の人柄まで伝わるような手作りの味を楽しんでみてくださいね。嬉しいことに、場所は黄金湯、トントンのすぐ横。ちなみにトントンのランチで使うお豆腐はもちろん、高橋さんのお豆腐です。高橋豆腐店

文:ボーセン

*************************************************
高橋豆腐店

住所:北海道 枝幸郡中頓別町 字中頓別58
電話番号:01634-6-1738

*************************************************

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

地域の勉強会 講師は黄金湯の渡辺さん

2017年が幕開けしました!新年あけましておめでとうございます。ブログ担当のshiotaです^^

今年も地域のお風呂屋さん・地域の台所として本領発揮していく黄金湯・コミレスカフェトントンをごひいきに!

 

***

 

さてさて、昨年12月のことになりますが

中頓別町役場の職員や信金職員、商店街の青年など町内の若者たち20人ほどによる勉強会が開かれ、講師に黄金湯を運営する株式会社 自由起画の渡辺由起子さんが講師を務めました。

渡辺さんが、中頓別町でなぜ銭湯を開くことになったのか、前職の保健師の仕事とのつながりや若きころの渡辺さんの、道しるべとなった言葉などが紹介され、わたくし、いち受講者としてお話を聞かせてもらいました。

dsc_8108

皆さんこんばんは~と渡辺さん。

 

黄金湯の歴史は、1989年(平成元年)に町直営の銭湯として新築されたことが始まり。その後、人口減少や光熱費高騰などの理由で2006年(平成18年)に惜しまれつつ火を止めました。

当時、札幌で保健師として活躍していた渡辺さん。

中頓別で2008年に開かれた農村振興を考える講演会に耳を傾けた際、過疎地で障害者を核に据えて仕事を新たに起こすとマチおこしにもなるし、障害者の居場所にもなる、という講師の言葉に感銘を受け、当時、売りに出されていた黄金湯を復活させることを決意したそうです。

dsc_8111

「黄金湯が売りに出され、広告が出ていた時は”風呂を売るってどういうコト!?”と驚いたけど、私にはやりたいことは決まっていた。とりあえずやってみてから考えようって思ったの」と渡辺さん。

「マチに障害者が普通にいるという風にするには、黄金湯で雇用するくらいじゃダメ。そんなことでは包括的な社会にならないと思う」と語った渡辺さんは、社会が変わることで障害者との段差がなくなるのでは、と会場に問いかけました。

 

また、「私が皆さんくらい若かったころの道しるべだった言葉を紹介します」と、自身の7原則を披露しました。

そのうちのいくつか。

◎ユニーク差の原則→差を探し、類似問題を探しまわるな

◎あるべき姿の原則→先の先を見て未来から学べ。本から読んだ情報はすべて過去。未来は人の中にあり、人からでないとあるべき姿は見えない。

◎目的「適」情報収集の原則→情報を集めたら分かった気になるけど、生産性は低下している。 事実は若干量あればよい。情報にあふれているから少しでいい。

 

社会をリードしていく若者の皆さんに、明日から実践できそうな言葉が数多くあり、とても参考になった様子。私も引き込まれるように耳を傾けました。

またこの日は、東京八王子から昨年4月に中頓別に移住してきた高田さんが飛び入りで講師を務める場面もあり、楽しい時間となりました。

講演後は、トントンでミニ懇親会も開かれたとか。世代を超えて交流が深まったことでしょう^^

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

師走

あっという間に最後の月のカレンダー!中頓別はすっかり雪の季節になりました。

12月2日、師走のスタートを切るメニューは、トントン流のコロッケ!!

何がトントン流なのか?中身だけでなく揚げ油にもこだわっているのですョ。かぼちゃ、じゃがいも、豆の三種類の味を楽しんでみてください!

12月6日のメニューは、いわしの煮つけとほうれん草のおひたし。

12月はタフな胃袋が要求される月。一見何の変哲もない献立ですが、師走の胃腸には妙にごちそうに思えます。

いつもの当麻町の無農薬・有機栽培の玄米ご飯もゆっくりゆっくり、よく噛んでお召し上がりください。

(文章:トップページより。)

12月の中頓別

写真:右、11月30日、左、12月4日撮影。12月4日は道がスケートリンク状態でした!

(写真提供:野島シェフ)

 

カテゴリー: レストラン, 中頓別の四季 | コメントをどうぞ

七面鳥で「感謝の日」

11月の休日と言えば、日本では勤労感謝の日がありますね。勤労感謝の日は特別な食べ物やお祝いの仕方というのは特にないので、ただ「学校や仕事が休みなことに感謝する日」になりがちですが(^^)、日ごろ当たり前になってしまっていることに感謝できるといいですね。

さて、この時期、北米でも「感謝の日」があるのをご存じでしたか?Thanksgiving Day(サンクスギビングデー、感謝祭)と言って、主に収穫や人とのつながりに感謝をする日なのです。アメリカでは11月の第4木曜日なので、日本の勤労感謝の日とほぼ同時期、カナダでは約1月早い10月第2週に祝われます。

この日は、家族や親族が集まって七面鳥の丸焼き、季節の野菜、デザートなどを食べるのが習慣になっているんですよ。そんな訳で、11月20日はトントンで、学校の英語の先生としてハワイから来ているダリン先生が、なんと七面鳥を使った感謝祭、特別ランチを作ってくれました!

七面鳥は鶏とは違って大きいので焼くのも大変。今回は取り寄せた11キロの七面鳥を、朝5時から4時間半かけてオーブンで焼きました!切ってから焼けば早いのでは?思ってしまいますが、七面鳥は比較的脂分が少なく切るとパサパサになってしまうので、丸焼きするのが大切とのこと。ダリン先生の実家では毎年、七面鳥を焼くのはお父様の仕事で、やはり4、5時間はかけて焼くそうです。

この日はダリンさんの他にも黄金湯主人、そして3人の皆さんがキッチンに入りました。これは、「English Kitchen」という、食事の準備をしながらダリン先生と英語を練習する企画も行われていたからなんです。

English Kitchenのルールは簡単。厨房では出来る限り英語を使うこと(^^)!英語を使いながら、外国の伝統料理を一緒に準備するなんていいですね。ダリン先生の英語の指示も分かりやすく、人数も多いので焼けた七面鳥の身をほぐす作業などもどんどん進み、キッチンはとっても和やかな雰囲気♪Thanksgiving Dinner

完成したランチはこちら。七面鳥の他にも、スタッフィング、マッシュポテト、にんじんスープ、ピスタチオプディングというアメリカのデザート(下の写真、左上)までついて本格的なサンクスギビングの食事となりました。スタッフィングとは、パンにセロリなどの野菜を混ぜて七面鳥と一緒にオーブン焼いたもの。写真ではマッシュポテトの横にあるものですね。これがまた美味しくって、サンクスギビングの食事の中でこれが一番好き、という人もよくいるんです(^^)。thanksgiving-lunch-2食べに来たお客さんも、鶏肉とは違う七面鳥のお肉に興味津々。ターキー、サイドディッシュ、どれも絶品でした。食べにきてくださった皆さんに感謝、美味しい食べ物に感謝、休日返上でトントンで食事を作ってくれたダリン先生と、English Kitchenに参加してくれた皆さん、そして黄金湯とトントンでできる人との繋がりに感謝です(^^)。

文:HP管理人(ボーセン)

カテゴリー: レストラン | コメントをどうぞ

10月10日・1010(せんとう)の日 ありがとう5周年!!

10月10日。

この日は、5年前に中頓別町の銭湯・黄金湯が眠りからさめた日です。

今年で節目の5周年を迎えることができた黄金湯では

復活5周年記念イベントとして、つきたてのもちで雑煮とぜんざいの無料提供と

特別割引営業を行いました。

 

dsc_7960

ぺったんぺったん!うすときねでたくさんもちをついたよ!

 

寒い外気を吹き飛ばすような、もちつきの実演で盛り上がりました。

つきたてのもちは、くるくる丸めて雑煮(スープは高橋シェフ担当)とぜんざい、

ずんだもちに。地域の方々にたくさんお越しいただいて、テントの中は

HAPPYな笑顔が広がりました。

dsc_7955dsc_7956

お雑煮、体が温まります~。

 

そして正午からは、特別営業として午後9時まで銭湯が大人100円、中高大学生50円、小学生以下無料の大盤振る舞い!

の~んびり、ゆ~ったり。たくさんの町内外の方々に湯浴みを楽しんでいただきました。

町内では午前中に体育の日健康マラソン大会が行われたこともあり、選手が汗を流しにも来ていましたよ。

外ではふれあい農園の新鮮野菜の販売などのほか、セロ弾きのボーズさんによるチェロのミニコンサートもあって、1日いっぱい幸せなふれあいの時間が流れていました。

 

5周年の節目を迎えることができたのも、黄金湯と併設食堂「トントン」を愛して下さる皆さんのおかげです!!本当に本当に感謝です。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(Shiota☆)

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

敬老の日、感謝の湯

9月19日(祝)は敬老の日、感謝の湯。通常より1時間早い15時から営業します。

「何歳から年寄りになるのか?」大変難しい問題です。黄金湯では公衆浴場組合と道の指導のもと、毎年65歳以上を、年に一度だけお年寄り扱いをさせていただくことにしています。お許し下さい。この日は同伴の中学生以下、無料です。若者を連れて、背中を流してもらいましょう。

高齢者ご本人の入浴は200円となっています。ご来湯、お待ちしていま~す。

(文:黄金湯通信より)

keirou_family

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

実りの秋

実りの秋を前に、8月下旬の台風が大地に与えた大きな試練。各地で水に浸かったり風で倒されたりした無念な畑作物たちの状況が報告されています。今回大きな影響の無かった中頓別の野菜たちの輝きがますます貴重でまぶしいものに見えます。当たり前に思っていたけれど、当たり前のものなんて何も無いなあ…。今年も大切に、大切に秋の実りを味わいたいものです。

(写真はトントンで使うお野菜の多くを、無農薬、無化学肥料で育てて下さっている「ふれあい農園」のもの。9月11日撮影。)
実りの秋

(文:トントンニュースより)

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

ハワイのお盆を楽しみ、ハワイと日本のつながりを味わいましょう

2年前、ハワイ、マウイ島から英語の先生として中頓別町でへ住み始めた、日系アメリカ人のダリンさん。今年になってからは、毎月トントンのワンデイシェフとして、故郷、マウイ島の伝統料理や郷土料理を伝えて下さっています。

今月、14日の献立はハワイのお盆のソウルフード「チヤウファン」。名の響きは中華料理のようですが、むしろ日本の家庭料理に似ているそうです。

料理だけではなくハワイのお盆には日本との共通点も多く、お寺では盆踊りも開催されるそうですよ。子供のころ、最初に覚えた盆踊りは「炭鉱節」だったと回想するダリンさん。

「ハワイってアメリカなのになぜ?」せっかくのチャンス、ダリン先生に教えてもらっちゃいましょう!…ってことで、14日はランチタイムのあと、ドキュメンタリー映画「100年の鼓動―ハワイに渡った福島太鼓―」の鑑賞会とダリンさんのお話しを聞く会を開くことにしました。チャウファンと一緒に日本とハワイの歴史的なつながり、人々の想いなどについても味わってみませんか?

14時から15時半くらいまで。参加は無料で~す!

カテゴリー: レストラン | コメントをどうぞ

中頓別の砂金物語はネバーエンディングストーリーだべさ

かつて「東洋のクロンダイク」の異名をとった中頓別町。遠い昔に終わった夢の話だと思っていた砂金物語はまだまだ続きがあるョと語ってくれる旅人たちがいます。

彼らの話は「欲」だけじゃなく「知的好奇心」を刺激します。地元の人が忘れてしまった物語の、新しい伝説を聴いてみませんか?当日参加の旅人にはおにぎり無料でサービスします。(人生の旅人でもOK :good:

語り部は7月15日の北海道新聞、留萌・宗谷版に記事掲載された福井さんと広瀬さんを予定しています。

とき:8月9日(火)午後6時~
ところ:黄金湯待合ホール

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

夏にさっぱり つるつる手打ちうどん

 

7月も半分を過ぎ、中頓別も本格的な夏の訪れを感じるようになりました。

待ちわびていた2016年の夏が来たー!!ヤッター!!

行楽にもいい季節ですね。今週末は中頓別神社祭もにぎやかに行われます。

 

3連休中日の17日のトントンランチは、ゆみかシェフの手打ちうどんでした。

DSC_7923

トレイの上には、うどんを中心に煮物、チカの南蛮漬け、白菜サラダ、デザートのケーキとサクランボと盛りだくさん! (あ!玄米おにぎりも付きました)

 

うどんは、道産小麦を使って手打ちした一品!

DSC_7916 DSC_7918

予定していた20食があっという間に完売し、急きょ実演(?)で麺を打つゆみかシェフ

 

DSC_7905 麺が茹であがったら、手際よく盛り付けて。

 

麺はもっちもちでコシが強く のどごしも最高~!

ランチのお客様からも「とってもおいしいよ~!」と大好評でした。

 

DSC_7910 見て見てこのケーキ!なんとウシさんで~す

こちらのデザートは子供や女性に大人気♪ なんて可愛いんでしょ。

 

この日は・・・

春に中頓別から離町した家族、東京からの旅人ライダーさん、近所のおばあちゃんなどなど

年代も性別もさまざまなお客様がトントンに足を運んで下さっていました。

再会の場、出会いの場、交流の場・・・思いはさまざまに、笑顔があちこちで弾けます。

 

「ごちそうさま。また来るよ」

この言葉はみなさん共通のようですネ。

shiota

カテゴリー: レストラン | 1件のコメント